「犬フィラリア症」について|犬フィラリア症|MERIAL CLUB
ペットの健康と幸せ応援サイト|MERIAL CLUB
文字サイズ
犬のオーナーの方

ホーム > 犬フィラリア症

「犬フィラリア症」について

犬フィラリア症は、蚊を介して犬の心臓や肺動脈に寄生する寄生虫が起こす病気です。犬だけでなく、猫もかかります。

犬フィラリアが寄生することで血液の流れが悪くなり、様々な障害が出現します。放置すれば死に至ることもある、犬にとっては重大な病気です。 また、 猫の場合は主に肺に障害を起こします。ところが、猫においては寄生する虫の数が少ないため診断が難しく、咳、呼吸困難、嘔吐などの症状が出てきた時は生命が危険な状態です。健康そうにみえても突然死亡することもあります。今のところ猫の治療法は確立されておらず、最善の方法は事前の予防です。

あなたのペットが健康で幸せに過ごせるよう、予防対策をきちんとしてあげましょう。春から秋の必要な期間に毎月1回薬を与え続ければ、確実に予防することが できます。ただし、毎月1回の投薬やシーズン最後の投薬を忘れてしまうと、感染する危険性が高まります。予防をはじめる前には、幼虫が寄生していないか検査することも大切です。
前の年に予防していても、最後の薬を飲んだあと蚊にさされていたり、与えたつもりが忘れていたりすることもあるので、予防する前に血液検査を受け、そして 薬は獣医師の指示通り、毎月忘れず最後まで飲ませるようにしましょう。

犬フィラリア症の予防と同時に、回虫や鉤虫など消化管内の寄生虫駆除も行っておくことをお勧めします。

ページトップへ

フロントラインプラスフィラリア・ゼロ運動緊急災害時動物救援本部福島県動物救護本部フリーコール 0120-499-419 ヨクキクヨイクスリ 月曜日〜金曜日 9:00〜12:00/13:00〜17:00