マダニの生態|ノミ・マダニ対策|MERIAL CLUB
ペットの健康と幸せ応援サイト|MERIAL CLUB
文字サイズ
ノミ・マダニ対策

ホーム > ノミ・マダニ対策 > マダニの生態

マダニの生態

あらゆる場所に潜んで動物と人の健康を脅かす、マダニの生態。

マダニには800以上もの種があり、あらゆる環境に適応、生息できるため、世界中で問題となっています。しかもマダニは、ペットのみならず、野生動物、人間に対しても健康上の問題を引き起こすため、人類は長年にわたってマダニの駆除と撲滅に取り組んできました。
マダニ駆除剤の定期的な投与で、恐ろしい病気を媒介するマダニの被害からペットを守りましょう。

マダニの発生

マダニの発生には、気温や湿度など多くの要因が複合して関与しています。このため、季節によって大発生したり、動物に突然多数のマダニが寄生することがあるのです。

宿主を待ち受けるマダニ

マダニは、適当な場所で宿主になる動物が通過するのを、ひっそりと待ち受けています。
マダニが宿主を捕える際には、ハラー器官という独特の感覚器官を利用しています。ハラー器官は第1歩脚の末節にあり、動物の熱や振動、二酸化炭素を感知するのです。マダニは動物が近くに来たことを感知し、とびついて宿主を捕らえます。
いったん宿主に付着したマダニは、強力な爪で宿主にしっかりと取り付き、宿主の体の上を移動し、頭や耳などの比較的毛の薄い部分を刺します。

日本に生息するマダニ

マダニはどのような気候、場所にも適応し、犬や猫に寄生する機会を狙っています。

フロントライン プラス

フロントライン プラスなら、定期的投与で、ノミの成虫駆除はもちろん、卵のふ化・成長もブロック!

フロントライン プラス 製品サイトへ
メリアル投薬日お知らせサービス
ペットの情報をアプリで管理

ページトップへ

フロントラインプラスペットの情報をアプリで管理緊急災害時動物救援本部福島県動物救護本部フリーコール 0120-499-419 ヨクキクヨイクスリ 月曜日〜金曜日 9:00〜12:00/13:00〜17:00